相続税

ホーム » 相続税 » ページ 2
8/21 2017

小規模宅地等の特例(相続税)あれこれ ① 沿革

By |2017-11-14T08:23:06+09:002017年8月21日|法律, 税金・税制|

1 特例の趣旨 被相続人から相続した財産のうち宅地の中には、相続人にとって生活の基盤となっている(居住用や事業用として利用されているなど)ものが存在し、これらにつき、たとえば相続税の納税資金のために換金処分しようとすれば、相続人の生活の基盤を失うことになりかねない。こういった納税者の制約を斟酌(しん [...]

8/10 2017

一時的空室部分で5か月は長期と判定(相続税評価)

By |2017-09-07T11:57:37+09:002017年8月10日|法律, 税金・税制|

相続対策として、賃貸マンションを建てることが増えているが、その場合にすべての部屋が満室となるとは限らないので、一時的に空室となっている部分につき、相続税の財産評価上、他と同様に貸家建付地などの評価減ができるのかどうかにつき、曖昧な点が残る。 この争いにつき、大阪地裁は5月11日に、「賃貸されている期 [...]

8/9 2017

歩道状空地の取扱いを明確化(相続税財産評価)

By |2017-09-07T12:13:39+09:002017年8月9日|法律, 税金・税制|

1 国税庁、歩道状空地の取り扱いを明確化 国税庁はマンションなどの建設のために整備された「歩道状空地」について、評価額がゼロまたは30%まで減額できる「私道供用宅地」(財産評価通達24)の適用を巡って争われた事件で、最高裁の差戻し判決を受けたため、一定の条件のもと、「私道供用宅地」として評価するもの [...]

Go to Top