大阪福島区のMAS税理士法人・税務・会計・経営のことならお任せください。

個人事業の経理・税務

個人事業者皆さまの不安や悩みを解決

個人事業の経理・税務「通常業務や仕事を優先して、多くの経理に常に気を配ってはいられない」
「さほど売上もない個人事業だから法人と違って税務署もそんなに厳しくはないだろう」
そんなことはありません。
個人事業だからこそ、いい加減な経理処理をしてないかと、税務署も目を光らせています。
個人事業にも関係する税金は、身の回りにたくさん溢れています。
所得税、住民税、事業税、然り、消費税、源泉所得税、固定資産税、印紙税…・etc。
日々の記帳や経理など怠っていますと、後になってからではさらに面倒が増え取集がつかず、まして税務署から指摘を受けてしまうとダメージは大きく大変なことになり兼ねません。

また、納税は自ら税務署に確定申告する制度ですが、確定申告しなければ税金を払わずに済むのでしょうか?税務署は無申告者の摘発を行っています。もし指摘された場合「無申告加算税」というペナルティー加算で納税しなければなりません。無申告加算税は、納付すべき税額にプラスされ、また「延滞税」も加わり、本来納める税金に加算されてきます。さらに、意図的に収入を隠した場合は、「無申告加算税」に代えて「重加算税」という税金が加算されます。この重加算税は、さらに上乗せ額が多く、税額の最大35%が上乗せされます。このように、無申告で通して税金を払わずにいると、税務署の指摘で本来の税額よりも倍近く払わなければならないことになり兼ねません。

MAS税理士法人の経理代行サービス

それでも、通常業務が優先され経理事務に常に気を配ってはいられないのも現実です。
MAS税理士法人は月次集計表の作成を代行しています。
現金出納帳や預金通帳、売上帳、仕入帳などの会計帳簿をベースに会計伝票を起票し、その月次試算表、及び決算に必要な総勘定元帳を迅速かつ、正確に作成します。
また、個人事業の決算業務、及びそれに基づく損益計算書、貸借対照表の作成なども代行しています。
決算書は金融機関や取引先等への説明資料にもなり、また損益と資金管理の事前対策を検討することができ有効に活用することができます。
税理士代行するメリットが大きい

  • 煩雑な事務作業が軽減される
  • 節税対策を受けることができ、税金を抑えられる
  • 税務調査が入ったとき、税理士のサポートが受けられる
  • 財務分析と経営助言
  • 資金繰りの相談(資金繰表の作成・公的資金の融資)
  • 個人事業の経理・財務・労務

個人事業主の顧問については→こちら

PAGETOP
Copyright © MAS税理法人 All Rights Reserved.